採用tv

HOME > なぜ居酒屋が大学生バイトの就活を手伝うのか?
2016/11/19

なぜ居酒屋が大学生バイトの就活を手伝うのか?

良い店舗をマネジメントできる人材とは?

エー・ピーカンパニーの社員たちの一番の仕事は、店舗で働くアルバイトたちのマネジメントです。1店舗で数億円の売り上げを作り出す彼らに共通する「ある力」とは?

わかること

  • ・店舗マネジメントを行う社員にとって重要なこと
  • ・エー・ピーカンパニーの人材戦略「次なる挑戦」とは?

今回は株式会社エー・ピーカンパニー 人材開発本部副部長 平野知実氏に、マネジメントを行う社員に求められる能力について、また採用の新しい取り組みについて、お話を伺いました。

 


【人に対する向き合い方(00:08~)】

平野: 採用基準というところで、先ほど価値観のお話がありましたが、エー・ピーカンパニーという会社が持っている価値観とは何か、ということでいくつかありますが、特徴的なのは、人材開発チームでいってるのは、「挑戦と仲間」この2文字です。人に対する向き合い方というところで、なぜこれだけの時間をかけるかというと、そもそも会社に適性がある人材というところには共通して仲間という価値観を持っている、というのが置かれている、というのもあると思います。学生さんによっては、「人事がこんなに自分のこと聞いてくるなんて嫌だな」とか、「なんでお店に食べに行かないといけないの」「別にそんなの強制されることじゃないし」という方は自然とドロップアウトされていきます。それはそれでいいと思います。
 
杉浦: 無理に巻き込むこともないし、お互いに意見を尊重させながら、ということですよね。
 
平野: 入社してからの社員の一番の仕事は、部下であるアルバイトさんのマネジメントです。先ほどもお話いただいた通り、モチベーションというか、どれだけ日々、今この瞬間お客様に対して向き合えるかどうかが業績直結する業界なので、お店に所属する、今日その日シフトに入っている全メンバーがこの場に集中していないといいお店は作れません。所属する一人一人をマネジメントするというのは、究極一人一人が思っていることは何なのか、逃げていることは何か、本当に願っていることは何か、ということを見抜いて、中にまで入って、あるときには胸倉つかんで「目、覚ませよ!」ということかもしれないですし、あるときは「そうか。失恋、そんなに辛かったんだね」と泣いてあげることかもしれないです。そこまで人の中に入り込めないと、もちろんタイプがあるので、必ずしもみんな熱血系ではないと思いますが、少なくともちゃんと人の中に入れる人間でないと、我々は今小さいお店で年商1億、大きいお店で2億5,000万ぐらい1店舗で売ります。店舗に所属する店長の平均年齢は25歳です。25歳で1億、2億の売り上げをつくっていく人材というのは、人をちゃんと理解できている人材なので、そういう人は自分に対してもオープンにすることとか、内省することを恐れないという特徴があって、新卒採用でも、ある意味ねばっこいかもしれません。
 
杉浦: 採用だけに限らず、塚田農場さんの企業としての強さも伺いしれたエピソードだと思いました。
 
【新しい取り組み(03:12~)】

杉浦: 最後になりますが、今後の取り組みとして、特に採用に関して何かやっていこうと考えてらっしゃることがあれば教えていただいてよろしいですか。
 
平野: 今後の採用というところで一番特徴的なのは、2018年度採用から新入社員の10パーセントを外国人にします。
 
杉浦: またチャレンジングな。
 
平野: チャレンジングです。私も今年採用でモンゴルに行くことになって(笑)モンゴルなぜか相性がよくて。関係性とたまたま向こうの方たちとご縁があったからかもしれませんが。あと比較的留学生が多い大学で、副代表が非常勤講師になったり、セミナーをするような機会も増えていて、人材の10パーセントを外国人にします。
その目的というのは、労働力を安く買うということではまったくなくて、むしろ飲食で正社員で外国人を日本人と同じ条件で採る、というところはまれかもしれませんが、東証一部上場企業さんで比較すると、他の企業さんと比べると海外に出て行くのは遅いくらいかと思っていまして。日本で働きたいという方たちの熱量とか、ここまでの勉強してきた実践値は、ぬくぬく大学生活しいてる子たちとは比べ物になりません。一言でいうと、普通の大学生をあせらせたい、というのがあります。言葉の壁が多少あれど、すごいハングリー精神で、絶対一番とってみせる、と言って、日本で働くということを言ってる○○人の同期が、自分と比べ物にならないというときに、あせるじゃないですか。それはすごく大事かなと。
あとインバウンドやオリンピックもあって、私たちのお客様も海外の方が増えているので、多様性ということをちゃんと身体化してほしいと思っています。なので、若い会社っぽくて恥ずかしいですが、社内で言ってるのは、グローバルという言葉は古いと。副社長がドラゴンボール好きで、「これからは地球人の時代だ」と言ってます(笑)「元気玉をみんなで作ろう」ではないですが、言葉が通じなくても、価値観が違っても、協力しあえ。その中で自分の変化を恐れないということが、強くなっていく秘訣なんだ、というメッセージも込めつつ、外国人の採用を強化していこう、というのが大きいかもしれません。
 
杉浦: 非常にチャレンジングな取り組みで楽しみですね。
 
平野: 受け入れとか、やめられないかどうか、とかきっと課題がたくさん出てくると思いますが、やってみたいと思います。
 
杉浦: ありがとうございます。では、そろそろお時間になってまいりましたので、ここまでで終了したいと思います。本日は株式会社エー・ピーカンパニー、平野知実さんをお招きしました。平野さん、どうもありがとうございました。
 
平野: ありがとうございました。
 
【動画フルバージョンはこちら】


採用tv会員登録
1 2 3
dsc02576
エー・ピーカンパニー
人材開発本部 副部長
平野 知実さん

大学卒業後、人材コンサルティング会社に入社。現在、株式会社エー・ピーカンパニーにて、ツカラボの運営を担う。

運営会社について

  • 「採用tv」は動画を用いて企業の教育研修を支援する株式会社アントレプレナーファクトリーが運営しております。 株式会社アントレプレナーファクトリー

ABOUT OUR MEDIA 採用tvとは