採用tv

HOME > 採用を考えるベースとなる「採用学」とは?
2016/08/30

採用を考えるベースとなる「採用学」とは?

採用で失敗する企業の典型的なパターン

日本の企業が安住しやすい採用のパターンとして大量に人を集めて、その中から選ぶという方法があります。しかし、これが中小・ベンチャー企業において非常に失敗しやすい採用方法となっています。

大量に人を集める採用というのはいわゆる強者(大企業)の戦い方であり、同じ土俵で戦うとどうしても勝てなくなってしまいます。

では中小・ベンチャー企業ではどのような採用行えば自社にとって優秀な人材を採ることができるのか。

今回は大企業に対して中小・ベンチャー企業の採用での課題について解決していきます。

わかること

  • ・採用が上手くいかないケース
  • ・中間を求めてしまう心理
  • ・採用における「優秀さ」とは
  • ・なぜ日本の採用は変わらないのか

自分たちの採用の現状はどうかということを考えながら視聴すると、より具体的な課題が見えてくるのではないかと思います。

動画はこちらからどうぞ。


採用tv会員登録
1 2 3 4
image
横浜国立大学大学院国際社会科学研究院/経営学部
准教授
服部泰宏さん

日本企業における「組織と人の関わり合い」、日本のビジネス界における「知識の普及」に関する研究などに従事。
2013年以降は、人材の採用に関する科学的アプローチである「採用学」の確立に向けた研究・教育活動に従事。
採用学研究所(http://saiyougaku.org/)の代表もつとめる。

運営会社について

  • 「採用tv」は動画を用いて企業の教育研修を支援する株式会社アントレプレナーファクトリーが運営しております。 株式会社アントレプレナーファクトリー

ABOUT OUR MEDIA 採用tvとは