採用tv

HOME > 採用活動を変えれば、日本が変わる【後編】
2018/02/07

採用活動を変えれば、日本が変わる【後編】

採用を通じて日本を熱く

樫原氏は、複数の日本企業と協働して、採用活動を再定義する「あるプロジェクト」を推進しています。
そのプロジェクトについて、また樫原氏が採用にかける熱い想いについて語っていただきました。

わかること

  • ・採用を通じて日本を熱くするプロジェクト
  • ・採用は究極のモチベーション施策
  • ・採用担当の方へ

ゲスト:株式会社リンクアンドモチベーション WESTカンパニー 執行役 カンパニー長 樫原洋平氏
聞き手:株式会社LeaGLO 代表 採用ブランディング・ディレクター 上田浩史氏

 


【樫原氏の取り組み(0:00~)】

上田:採用の本質と、採用の哲学のお話をテーマ1でしていただきまして、今後の日本企業のあり方っていうところを、マクロな視点からお話をお伺いしてきた中で、今、実際、樫原さんが多分、視聴者の皆さんもすごい具体的に樫原さん、何していらっしゃるんですかっていう具体的な企業との取り組み、多分世の中の採用のやり方ではなくて、もっと本質的な活動をされていらっしゃると思うので、具体的な事例とかも含めて最後お話をいただけたらうれしいなと思うんですけども。

 

樫原:どこに前提を置くかの議論があると思うんですけど、仮に先ほどポートフォリオ採用というキーワードを置き、なかなか普通にナビなんかで募集しても来ない層を取り行くということが大事なんですね。つまり来たい人を採ることが採用ではなく、ほしい人ですね。自社の未来の今後の成長にとって、ほしい人採るのが採用の本質であるとするんであれば、ほしい人をいかに採るかになるんです。よく企業さんから言われるのは「そういう優秀な人どこにいるの?」って。いわゆるどこにいてそこに、いるとこに行って採るっていう、そういうことを掲げてる方って多いんですけど、そういう発想では駄目だなと思ってまして、やはりそういうような自社にとって必要だと思う人材を、ある意味長い期間で育てていくっていう発想が必要でして、例えば野球なんかのリクルーティングの世界ですけども。いわゆる高校時代から行くんですよね。高1から例えば有望選手に関わっていって、毎年の変化を見ていってその中でこの学生が、本当に一流だってことを判断してるっていうそういったことを、スカウトもやってることを考えると、ある面接やインターンシップのパフォーマンスだけじゃなくある種の連続した変化ですね。つまり変化していけることが今、強さだと考えると、ある時期から変化していく力を見ていくことがある意味間違いのないアセスメントなんですよ。

 

上田:結構今の話でいくと甲子園出たとか、優勝したとかそのときの一時期を切り取るんじゃなくて、しっかり連続的な挑戦であったりとかその変化を見ていくことが、採用においても大事じゃないかと思いますね。

 

樫原:なので、私なんかがやってるのはある意味日本の未来を考えれば、優秀な人材というか良き人材が増えることが大事なんですよ。だからある意味ある特定の人を取り合うだけじゃなくて増やそうと。優秀な人を。増やそうということをしていかないと、日本は人しかリソースない国ですから。そういう意味で言うとある意味、大学や企業が手を取り合って、そもそも若者自体を育成していこうと。どう考えても今の内部環境激しい時代に大学さんだけで、日本の若者育むって難しいと。社会全体で育てて育てた人たちをガチで取り合うと。育ててからですよ。育ててからあとはお互いにしのぎを削ると。あるときまでは手を結びあるときから喧嘩をすると。でもそれが最終的には日本のためになればいいんじゃないかっていう、ある種の大局観を持ちながら実際に関わっていくっていうスタンスが、特に大手企業には求められるんじゃないかなって思ってますので、そういう意味で言うとそういう大学と企業が手を組んで。

 

上田:それこそ、関西大学でも講演されてると思うんですけども。

 

【採用を通じて日本を熱くするプロジェクト(4:01~)】

樫原:そういう取り組みをしていくっていうことがとても大事なんじゃないかなっていう。今、我々なんかで言うとSNAPっていう取り組みをしてまして、採用を通じて日本を熱くするプロジェクトの頭文字なんですね。Sが採用、採用を通じて、Nは日本。日本を熱くする、プロジェクト。SNAP。東海圏なんかはトヨタ自動車が中心になってまして、関西はパナソニックさんが音頭をとっていただいてるんですけど、そこなんかもそこに地域の企業と大学が手を取り合って。

 

上田:大学もそこに入って。

 

樫原:もちろんです。そこで一緒になって、地域、地域で人を育てていくっていう動きを始めてるとこもありますので、そういったものをうまく進めていきながら日本の若者全体を活性化していうっていうことも、ある意味採用の役割であり採用の果たすべき、社会的責任じゃないかなっていうのは最近よく思ってますね。

 

上田:それこそ先ほどからの、二つ目のテーマの採用と教育がセットっていうところの、採用のところから要はセットで1年生、2年生、3年生から育成していくっていう、そういうふうなイメージで。

 

樫原:こういう議論をすると青田刈りみたいな議論があるんですよ。必ず出てくるんです。

 

上田:インターンもあれじゃないですか。どんどんどんどん。

 

樫原:採用のスタンスを持っている人もいらっしゃるので、そういう青田刈りみたいなスタンスじゃなくて、どういう目的で関わるのかっていうところを、大学も企業もしっかりと議論しないとお互いに相克心があるんですよ。例えば大学からは企業はどうせ自社のPRをしないんじゃないかっていう不信感があってはお互いにコラボレーションが進みませんので、そういう意味では日本の若者を育てるんだって共通の目的に向かって、大学と企業が手を取り合うというのがとても大事なんじゃないかと思いますね。そういう意味では私なんかで言うと、採用の気持ちが分かるんですね。大学の気持ちも分かりますので。あと、学生の気持ちもそうですね。そこのちょっとまさにリンクですね。リンクをしてるっていう役割を果たしてるんだと思いますね。

 

上田:樫原さんのそれが、私も10数年の付き合いですけど、その志が常に、年々増幅されてらっしゃるなと思うんですけど、そこってなぜなんですか?ある意味、結構10数年とかやられると、一般的には日本のためというふうな思いは持っていらっしゃるんで、当然って言ったら当然かもしれないんですけど、結構採用担当の方とかも3年とか5年とか、もちろん会社としての理由で変わるっていうのもあるんですけど、なかなかそれだけずっとやり続けていらっしゃる方って少ないなと思ってるんですね。僕も前職出て8年ぐらいですけど、みんな少しあの人どこ行ったんかなみたいな、あるときはすごい最大瞬間風速、有名になられてっていうことあると思うんですけど、そこの思いが、やり続けられるって何があるのかなと思って。

 

【採用は究極のモチベーションアップ施策(7:19~)】

樫原:これは新卒採用の1個の効果だと思うんですけど、我々なんかで言うと採用というのは究極のモチベーションアップ施策であるというふうに言うわけですね。つまりどういうことかって言うと、会社のエントリーする方々っていうのは、例えば樫原さんに「樫原さんなんでリンクに入り、何がやりがいでこれがどうしていきたいんですか?」みたいなことを聞かれるわけですね。そこに全力で答えると。言葉にしていくじゃないですか。そうするとそこにコミットメントが生まれるんですよね。やっぱり言った以上やらなきゃと。私はリンク&モチベーションの採用に、ある意味入社3年目ぐらいからずっと関わってますので、毎年、学生に自分の夢を語るんですね。そうすると言う以上やんなきゃっていう思いが強くなっていく。

 

上田:それはどんどんどんどん毎年、こう。

 

樫原:はい。なので、逆に面白いのは毎年学生に語れることが増えてるんですよ。そのときに自分成長してるなみたいなことを感じるんですね。なんで、そういう意味ではやっぱり1個は自分が若い人に語ってる以上、やらなきゃっていう。変な姿見せたくないってあるじゃないですか。見栄みたいなもんですよね。「樫原さん、あれだけ熱かったのに全然しょぼくないですか?」っていうことを言われたくないみたいな。そういうのはありますね。あとはやっぱり若い人に熱く生きろと言ってる以上、自分も熱く生きなかったらなんの説得力もないんで。

 

上田:それは僕も分かりますね。

 

樫原:どこまでいっても若い方っていうのは大人の鏡ですから。私も学生に触れてると悲しいのが、一部起業してる方は除くと、いわゆる大手企業なんかで働いてる人って本当に粛々と働いてるイメージなんですよ。多分、満員電車で疲れてる大人のイメージが強いんだと思うんですけど、なので、パーショナブルにワクワク働いてる大人って彼らの中ではドラマの世界だけなんですよね。だけど、やっぱりそうじゃないと。本当に大企業の最前線で社会を背負って、もしくはお客さんの未来を背負って本気で戦ってる大人もいっぱいいるんですよ。

 

上田:それは見えてない。

 

樫原:見えてないです。そういう背中をまずは自分自身も示していくっていうのは、とても大事なことじゃないかなと思いますし、そういうことでは採用活動っていうのは、ある意味、僕、学生を教育するいい活動だと思うんですよ。ある意味、働くって何かっていうことをそれぞれの大人が語り、働くっていいなという、日本の若者全体の就労感が高まっていけば確実に日本も元気になると思うんで、それをいかに採用活動っていうものを通じて日本の若者に働くって何?とか。生きるって何?とか。そういうことを伝えるような活動にしていくと、もっとこの国は元気になっていくんじゃないかと思うんで、そういう意味でも採用担当の方々がどういうハンドリングをするかとか、採用活動をどういうふうな取り組みにするかっていう。なので、今面白い活動で言うと、採用活動に関わることを安易に会社の教育にしてるような会社もあります。例えばある会社さんなんかだと、2年目の社員に全員、いわゆるリクルーター研修を受けて、受けたあとに学生に語る。それ自体が1個の育成だという例も出てきてますので、そういう意味で採用っていうのはある意味、社内を活性化したり、社員を元気にしたりするという意味では非常に効果のある活動ですので、そういう側面なんかに注目いただくと、より発展的に採用というものを捉えることができるんじゃないかなというふうに思いますね。

 

上田:研修っていうと、結構、内向きなとか、要は新しいこと、目新しいことやろうとしがちですけど、結構目の前に採用って毎年あって、逆にやらしい話ですがお金かからないじゃないですか。そういう意味でいくと研修のあり方っていうこと自体も変えていくっていうことも大事ですし、逆に今、おっしゃるとおり、それこそ学生に会って、志高い学生と会うとその方々が刺激になるんです。自分は学生のためだと思ってたのが自分以上に本気で自分の人生、生ききってるより自分より若い人に出会ったときに、俺も頑張らなあかんな、私も頑張らなあかんなってなりますもんね。

 

【某ビールメーカーの部長研修(11:38~)】

樫原:なので、面白いのが、東京のあるビールメーカーさんなんかで言うと、今年、部長ですね。45歳から55歳の部長職に1日、そういった採用系の研修をやるので、「なんでこの会社に入ったの?」「何が信念なの?」と。「どんなやりがいがあるの?」と。「これからどんな未来をつくるの?」っていうことを1日研修するんですよ。そのあとに、10分間のPowerPointのスライドをつくらせるんですね。それを全員ですよ。部長全員、大学に行って語って来いと。そういうことまで始まってます。つまり部課長になると、意外と自分のことを自分で語れないんですよ。若い人に。それがある意味、リーダーシップの根源なので、そういった取り組みなんかが始まってることを考えると、もっともっと採用と、採用を通じた、入社もそうですね。入社の教育もそうですけど、いわゆる初年次のキャリア教育ですね。ここと採用が繋がっていくことによって、もっと日本全体の若者の働く、もしくは意識が変わっていけばもっともっと日本は元気になっていくんじゃないかと思いますので、そういった意味での採用の可能性っていうのもあるんじゃないかなと思いますね。

 

上田:そういうふうに、今のお話を、樫原さん、まとめると、採用というものがある意味、人事だけの仕事じゃない。冒頭でおっしゃってたそれこそ社員の皆さん、若手の方々もそうですし、年次の上がった40歳、50歳の方々もそうですし、それこそ社員がいる会社全体で採用に関わることが、ある意味社内の方々の働きがいとか、いきがいとかにも繋がっていくし、結果的にそれだけの姿勢で学生に向き合うことによって、これだけ人を大事にしてらっしゃるんだっていうところでの、いい人材も採れていくっていう、ものすごいいい採用というものが基軸に、いい循環が回っていくっていうことですよね。

 

【採用担当の方へ(13:36~)】

樫原:なので、一言で言うなら、これも採用担当の方にぜひお伝えしたいのは、採用で会社は変わるんです。もしくは採用で会社って変えられるんですね。ある意味採用って組織の中の入り口であり、呼吸なんですよ。なので、この採用をどう変えていくかっていうことによって会社全体を動かしていける可能性があるんですね。そういう意味では採用担当っていうのは、ある意味日本の若者を鍛える活動であると言えると同時に、全社を動かしていく活動なんですよね。

 

上田:すごい素敵な考え方ですね。

 

樫原:そういう視野、視座を持ち、自分は採用でこの会社を変えるというぐらいの、覚悟を持った方が来たほうが、より面白い活動になるんじゃないかなというふうに思いますね。

 

上田:ありがとうございます。最後に一言、今も人事の方々に対して、採用、人事のあり方みたいなお話をしていただいたんですけども、今後、今年、2019年、2020年と新卒採用が活況な中で、何か一言アドバイスというかメッセージをいただけたらと思うんですけども。

 

樫原:私は採用担当の方が語る自社の魅力以上のレベルのことを、社員が話すことはできないと思っています。なぜなら、採用担当こそが1番に学生に触れていて、全社を見る立場があるので、採用担当の語るレベル以上のことを社員が語ることは不可能なんですね。裏を返すと採用担当がどれだけ進化するかっていうことが、その会社の採用力の向上に繋がるんですよ。そういう意味ではいかに採用担当が本気になり努力をし、自分を磨き続けるかってことこそが実は採用力のボトルネックなんですよね。自分がボトルネックであるっていう自覚を持っていかに自己研鑽をするかっていうことが、やはり最終的には自社の採用力を高める大きなポイントなんじゃないかなっていうふうに思っていますので、そういう意味ではちょっと大げさな言い方ですけど、自分の責任を自覚していかに努力していくかっていうことがとても大事ですし、その分非常に採用ってその方が10年やることってないと思うんですよね。大体多くても3年、なくて5年という活動なんで、そういう意味では非常にご自身のキャリアの中でも意味のある時間になると思いますし、あと採用っていうのは人事の中でも極めて前向きななんですよね。

 

上田:たしかにそうですね。

 

樫原:未来を見た活動なんで、そういう意味ではぜひそのポジションにつかれた以上、そのポジションの価値をちゃんと理解いただいて、ぜひよい機会にしていただくのが大事なんじゃないかなというふうに思いますね。

 

上田:今回は、株式会社リンク&モチベーション、樫原洋平さんにお話をお伺いしました。それではまた次の配信でお会いしましょう。
【動画フルバージョンはこちら】

採用tv会員登録
P1170057
株式会社リンクアンドモチベーション
WESTカンパニー 執行役 カンパニー長
樫原洋平さん

一橋大学経済学部卒。2003年リンクアンドモチベーション入社以来、メガバンク、総合商社、グローバルメーカーなどの超大手企業の採用コンサルティングに、10年で100社以上従事。また、大学教育事業の立ち上げにも従事。2001年2月よりZ会、栄光とジョイントベンチャー「レイズアイ」(現リンク・アイ)の立ち上げに関わり、大学教育採用に対して新しい枠組み・仕組みを創出現在では早稲田大学・一橋大学・上智大学の非常勤講師を務める。2014年から執行役員兼西日本の採用事業の責任者に就任し、現在に至る。

ABOUT OUR MEDIA 採用tvとは